お金を借りる

お金を借りる人間の大胆な行動と考え

お金を借りる場合は使い道が限定されないものを選ぼう

私が現在利用しているカードローンは使用目的がギャンブル以外は使い道が自由と記載されているのでお金を借りる人は非常に便利に使うことが出来ます。
当初は住宅ローンの方が金利が安いのでそちらの方を利用しようとしたのですが、使い道が住宅の購入や補修など今住んでいる住宅関係のことだけに限定されることから住宅ローンはやめました。
このことに限らず金利の低い融資関係の多くには何かしらの条件が付いている場合が考えられます。
もしこれを無視してお金を借りることになった場合は、発覚したさい最悪一括返済を求められる危険性があります。
なので、金利が低いというのを優先するということも大事なことなのですが自分がこれからやろうとしていることが融資条件に合致していることなのかをしっかりと見極めることが重要です。

 

特にレジャーやショッピング等に利用する方にとっては支払いの直前になってお金を借りる前に行われる審査が降りないということになれば、中止だけではなく場合によってはキャンセル料を請求されてしまう危険性も出てきます。
私がカードローンでお金を借りるときには2次3次被害については絶対に避けたいと思います。
あとカードローンは支払日が決められてはいるのですが、カードを利用すると簡単に返済を早めることができ、余計な利息を抑えることができます。
使用目的によっては投資などお金を増やすために利用する方もいると思いますが、そういう方にとっては利息をどれだけ安く抑えるかも重要なポイントになることでしょう。

 

カードローンでお金を借りるとどんな審査が待ってるの?

キャッシングが日常の現金調達手段として便利になる中で銀行版のキャッシングサービスと言うべきものが登場しています。
それが銀行系カードローンと呼ばれるものです。
消費者金融のキャッシングではお金を借りるには審査を通る事が必要とされていますが、銀行系のキャッシングサービスでもやはり、銀行の審査をクリアーしなければ融資を受ける事は出来ません。
ただ、消費者金融と銀行では貸し出しが可能かどうかの判断の基準が違っています。
特に消費者金融で、現時点で安定した収入を得ているかどうかが、お金を借りることが可能かどうかの基準になっています。
つまり、どれだけの年収があるかという事よりも、定収入を得ているかどうかが重視されるのです。
一方の銀行系カードローンでは、仕事の種類や勤続年数、年収などを重視する傾向があります。
また、会社への在籍確認を徹底している銀行が多くなっています。
もちろん、在籍確認は銀行名ではなく個人名で行われるので、会社側にお金を借りること知られてしまう様な事はありません。
比べてみると、消費者金融と比べて銀行でのキャッシングサービスは審査の基準が厳し目になっています。
ですが、貸金業法の総量規制の対象にならない事や、金利の低さを考えるとお金を借りる際に利用する価値は十分にあります。
特に、総量規制の対象にならないため、複数の消費者金融でキャッシングを利用している場合や、多重債務の支払いを纏めて一本化する、おまとめローンとして利用しやすいのが銀行系カードローンの利点だと言えます。

ホーム RSS購読